1. ホーム
  2. 地方公共団体情報サービス
  3. その他ソリューションシステム
  4. クラウド型危機管理情報共有システム SAVEaid/セーブエイド

クラウド型危機管理情報共有システム SAVEaid/セーブエイド

災害対策における課題に、情報システム会社ができること。 それは、情報を制し、人間力を引き出す、災害対策支援。

災害時、想定外の問題が噴出するなか、行政機関は極めて重要な判断を求められます。「その時」本当に必要なことは正しい情報を共有し、速やかかつ的確に災害に対応することだと考えます。 情報を制するものが災害を制す、といわれる災害対策を新しいクラウドコンピューティングサービスでサポートいたします。

『SAVEaid/セーブエイド』は、最も情報の錯綜が予想される発災直後の初動から応急期における災害対策をサポートします。職員の参集状況、避難所の運営状況、被害状況などをすばやく収集・見える化し、迅速な意思決定や効率的な災害対応を引き出します。本来やるべき災害対策業務に注力できるため、住民への正確ですばやい情報提供などが実現できます。

サービスのご案内

災害対策を横断的に支援します。

「SAVEaid/セーブエイド」は、防災計画作成や訓練などの平時から応急までの異なるプロセスに沿った機能をご提供し、その時々に必要な業務支援を行うシステムサービスです。

業務継続の視点を加えた動的な機能機能群を提供します。

災害時、非常に重要となる被害情報を一元化し、迅速で確実な対応を支援すると同時に職員の方々の安否や参集状況のリアルタイム把握を可能にする機能をご提供します。

お手持ちのパソコンと携帯電話で利用する防災システムです。

全職員の安否・参集状況や各課からの被害報告を、パソコンと携帯電話を使い、全庁でリアルタイムに共有・見える化。迅速な意思決定や都道府県への報告に活用できます。

詳細は日本ユニシス株式会社のページへ

お問い合わせ先
〒010-1427 秋田県秋田市仁井田新田2丁目16番13号
山二システムサービス株式会社 システムソリューション事業部
TEL.018-839-7834 FAX.018-839-6914
お問合せフォームへ

プライバシーマーク

ページの先頭へ